化粧品の種類と
その効果について

化粧品の種類とその効果について

化粧品の種類

男性は化粧品と聞くと口紅やファンデーション、アイシャドウなどの女性が美しく見せるためのメイクのことをイメージすることが多いのではないでしょうか。しかし実際には、顔の肌のケアをする化粧水や美容液などのスキンケアも化粧品です。化粧品には、体を清潔にしたり美しくしたりする効果があり、顔に使用する化粧品だけでも基礎化粧品、薬用化粧品、メイクアップ化粧品、アンチエイジング化粧品など、さまざまな種類があります。

基礎化粧品や薬用化粧品は、外出前にきれいにすることを目的としたものではなく、自宅で肌の調子を整えるためにするものです。基礎化粧品には、化粧水、乳液、美容液、クリームなどの種類があり、肌を清潔にする洗顔料も含む場合があります。スキンケア化粧品とも呼ばれ、滑らかで弾力やハリのある健やかな肌を維持することを目的に使う物です。薬用化粧品はニキビの改善や美白など何らかの効果効能が期待できる化粧品ですが、医薬部外品などであっても誰にでも効果が実感できるものではありません。

メイクアップ化粧品は、ファンデーションや口紅、チークやコンシーラー、アイシャドウなど、肌全体や口元、目元など、使用する部位に特化した化粧品があります。また、UVカットや美白などの効果がプラスされた化粧品も多く、スキンケアとメイクアップが兼ねられる物も数多くあります。さらに、加齢による肌の老化のケアに最適なアンチエイジング化粧品もあります。今回は、化粧品の種類と効果について、基礎化粧品、メイクアップ化粧品、アンチエイジング化粧品に分けて考えてみましょう。


▽ 当サイト関連推奨リンク ▽
基礎化粧品は数種類を使い分けなければいけないので、すべて一つにまとまったオールインワンジェルはとても人気です。年齢肌に効果のあるものを探している人は、こちらのわらびはだをご参考ください → わらびはだ 効果